ソロシンガーmayumiのミュージックライフ

インデイーズで大活躍中??のmayumiが、音楽に携わる内容を中心とした日記を公開していきます!

2005年07月27日

仮レコーディング

朝日台風一過…空はすっきりですね!
昨晩は!え?台風なんてあったの‥と言うくらい私には被害が及びませんでした(__)
スタジオに行ってもスタッフは2〜3人(;^_^A
どんな状況でも一度決めた予定は実行するのが私(笑)
新しい曲の仮レコーディングを行いました。前回の曲よりイメージが強くでる感じで中々よい方向の様です。
今回はメロディにのせる歌詞の唄い方?に ご指摘を頂きました。
それは歌詞の内容ではなく、言葉を伝える為にどこのメロディで、どの歌詞をどのようにのせたらよいのか♪
難しい様に聞こえますが、この課題が凄く大切なのですよ〜
普段何気なく聴いている唄、歌詞がなければイメージがわかなくなってしまったりしますよね!
さて今からスタジオにて勉強してきます(^-^)
posted by mayumi at 15:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 制作日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 関西の方は台風は高校野球の地方大会一回戦の弱いチーム(空振り)といった感じでした。関東の方は千葉県にまともに上陸したようですが、それ程、被害はなかったようで安心しています。これまた高校野球地方大会一回戦の弱小チームだったのですかね。ご報告が遅れましたが、マリオネットのマンドリンコンサートは無事に終了することが出来ました。今年で3回目ですが、主催する側も資金繰りの面で苦労しましたよ。
 マリオネットも外国周遊の豪華客船のバンドを勤めたり、ドラマやコマーシャルのバックミュージックを担当したりと実力はあるのですが、完全に裏方に徹してしまっているせいか、人気が今ひとつなのですよ。京都文化博物館という史跡でのコンサートで雰囲気的には文句ないのですが、毎年、お客さんは150人ぐらいしか入りません。チケットは1枚2,000円だから出演料や会場費、広告料を差し引くと完全に赤字です。
 でも、こんなコンサートを毎年、楽しみにしておられる方もおられます。アンコールの鳴り止まない拍手を聞いたり、お客さんが会場を後にされる時に僕たちスタッフに「来年もやって下さいね」と言われたらスポンサー側からすると来年もやらざるを得ない気持ちになるものです。
 どんな小さなコンサートでも出演者は勿論のこと、それを支えるプロデューサーやスポンサー、マネージャーがいて成り立っていることを忘れてはいけませんね。出演者は実力があるとつい天狗になってしまう傾向がありますが、その点、マリオネットは凄いと思います。その丁重な態度には毎年、感服させられます。
 来年も出来れば同じメンバーで同じ会場でコンサートを開きたいものです。お金が続くかどうかが一番の問題ですがね。
Posted by みちみち at 2005年07月28日 17:24
みちみち様
コンサート…主催?おつかれ様でした。よくプロの方でもライブは赤字覚悟で行う事がほとんどだと聞いたことがあります。だからグッツで少しでもプラスアルファーに繋ぐ様です。
でもそう…“またきます”と言うファンの声と あの一体感がやはり嬉しいのでしょうかね(^-^)
だからマンドリンも続けてください。一人でも、と言うのは現実難しいですが、聞いて下さる方がいる限り♪
Posted by Mayumi at 2005年07月29日 10:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5398291

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。